オリジナルツアー

ランニング
レポート JALホノルルマラソン&10kラン&ウォークツアー2017~チャレンジストーリー(体験談)~

 

2017年のツアーにご参加いただいた方のチャレンジストーリー(体験談)を

シリーズでお届けします!

 

 

 

 

~親子編~

 

 

セントラルウェルネスクラブ福島店

お名前:菅野 ひとみ様 (娘さんと参加)

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

両親の介護で精一杯だった私を笑顔に変えてくれたのはセントラルでした。

ジムにいる時間は自分の為に!そう言ってくれたトレーナーの言葉に励まされドキドキのジム通いがワクワクに変わってきました。

そんな時 目にしたのがホノルルマラソンのポスターです。出来る出来ないではなくチャレンジしてみたい!!と・・・自分でも驚きました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

会員ではない大学生の娘との挑戦だった為、二人の予定が合わず一緒に練習する時間を持つことは大変でした。

いただいたジムカードを有効に使い、それ以外は普段から歩く事を心がけ、まとまった時間がとれる時には5~6時間歩くことを繰り返し行いました。

娘との時間は楽しかったです。頑張り過ぎず出来ることから始めました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

初めは1人で挑戦のつもりが【ゴールした時の感動は他では味わえない!!】というトレーナーの言葉に娘もやってみたいと。その日から親子でのチャレンジが始まりました。

娘と一緒ということが力にもなりましたが、主人や息子からのエール、トレーナーからの励まし、不安を取り払ってくれる言葉がけ全てが続けられた理由だと思います。

 

Q.4 ホノルルマラソン後の感想は?

42.195km完歩 9時間半 驚くような時間ですが、素晴らし景色を沢山目にする事が出来ました。

目標に向かって走る仲間、辛くても一歩一歩前に進む姿、沿道からの励まし、ランナー同士の応援・・・

【一笑懸命!笑顔でゴール!ゴールは新しいスタート!】と励ましてくれたペースメーカー。

こんなスタッフと過ごせた時間は最高に幸せでした。沢山の仲間と手を繋いでのゴールも最高の思い出です。

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

ホノルルマラソンは、時間制限が無いということで私達親子は完歩でのゴールを目標にしてきました。

参加の仕方 目標 ゴール後の感想は、人それぞれですが他では味わえない感動 達成感が得られるはずです。どんな時でも支えてくれるスタッフ、沢山の仲間がいます。1人じゃありません。楽しかった!

また挑戦したい!そう思わせてくれるホノルルマラソンです。

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

セントラルウェルネスクラブ琴似店

お名前:日野 ひとみ様 (お父様と妹さんと参加)

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

友人から世界で一番楽しく走れるフルマラソンで初マラソンにもオススメだという言葉を聞いてから、チャレンジしたいと思いました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

洞爺湖マラソン・北海道マラソン・網走マラソン・札幌マラソンなど、北海道内のいくつもの大会にエントリーし、全て目標タイムで完走しました。また、セントラルでもランニング練習会に参加し、仲間と共にトレーニングを積みました。さらに自主連として週4回トレッドミルで60分のランニングを継続して行いました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

完走後の達成感です。日々のトレーニングを重ね、様々なレースを完走できたときの達成感があったからホノルルマラソンまで続けられました。また、インストラクターやランニング仲間との情報交換やアドバイスに何度も励まされました。

 

Q.4 ホノルルマラソン完走後の感想は?

30kmあたりから足が動かなくなり、膝の痛みに耐えながらゴールしました。少し悔しさが残りましたが、雨上りのハイウェイにかかった大きな虹やゴールの先に待っていた完走メダルのご褒美は言葉にできないほどでした。そして完走Tシャツを着て街中を歩いていると「Goodjob!」と知らない方々が笑顔で声をかけてくれたことも良い思い出になりました。悔しさや辛さが自信と宝物になるレースはホノルルマラソン以外ありません。

 

Q.5これからフルマラソンを目指す人へ一言

ホノルルに限らず、フルマラソン完走は大きな自信が生まれます。人生観が変わります。仕事も今まで以上に頑張れます!是非皆さんもチャレンジしてみてください。

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

ザバススポーツクラブ鶴見店

お名前:石川 則昭様 (お母様とそのご友人と参加)

 

 

 

 

 

Q1.チャレンジするきっかけは?

私はもともと走れない人でした。ランニングマシンのスピードも時速6キロ程度の歩くほどのスピードでした。そんな私が、友人からのお誘いで「走りませんか?」の一言から、友人のペースについていけたことがランニングへの一歩でした。

その後、パーソナルトレーナーに相談やアドバイスをいただきマラソンへの後押しをしてくれたことです。

 

Q2.どのようなトレーニングを行いましたか?

ランニングの練習は、仕事が終わってから、鶴見川の土手を最初の頃は10キロを中心に週に2回程度走り、週末はザバスで筋トレ、レッスン、プールで体を動かしていました。

6月ぐらいから週に3回、月間150キロ、8月からは月間200キロを走り自分なりに走ることへの自信が付きました。月間200キロは走りすぎたかも(笑)

 

Q3.続けられた理由はなんですか?

ランニングってとても楽しいんです。楽しいことでランニングにハマっていきました。私自身のめりこむタイプなので、天気の良い日には自然と走っていました。ランニングで身体も変わり、距離や目標タイムをその度に達成できたこと、家族の声援や走りたい気持ちをサポートしてくれたザバスインストラクターのおかげだと思います。

今回、82歳の母も一緒にカラカウアメリーマイル(1.6km)に参加をして一緒にハワイを満喫しました。

 

 

 

 

 

 

Q4.ホノルルマラソン完走後の感想は?

ホノルルマラソンは完走しましたが、実はスタートから12キロで脚がつり、残りの30キロは脚がつったまま走り…いや歩きだった(苦笑)

マラソンコースを走りながら目から汗が流れてました。

これだけ練習して、なぜ前半で脚がつるの?って思っていました。次回は走れなかったホノルルマラソンに忘れ物をとりにいきたいと思います。

 

Q5.これからフルマラソンを目指す人へ一言

チャレンジすることで自分自身が変われます。私もランナーズハイとまではいきませんが、走っているだけで色々なことから開放された気分になります。一度の人生です。楽しいマラソンにチャレンジしてみませんか?ひとりじゃないんです!ここには応援とサポートをしてくれるスタッフがいます!!

最後にホノルルマラソンを完走できたのも、ザバスのスタッフとインストラクターのお陰だと思っています。

 

 

人生初のフルマラソンをスマイルRUN♪

原動力は家族の声援とザバスのサポートのおかげ!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

~夫婦編~

 

 

セントラルフィットネスクラブ本八幡店

お名前:乾 誠貴様

お名前:乾 昌美様

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

夫婦ともに、ずっとホノルルマラソンに挑戦したいと思っていました。会社勤めのため、12月という節月に休むことは難しいのですが、セントラルスポーツさんが主催するツアーの楽しさを見聞きし、思い切って夫婦一緒にチャレンジすることにしました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

私は週2日出勤前に5キロ走り、また会社から自宅まで約20キロを2度走りました。妻は子供を幼稚園へ送ってから週3日10キロを走っていました。夫婦で練習会にも参加し、走り方など教えてもらいました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

毎日のように「今日は何キロ走った?調子どうだった?膝痛くない?」など、夫婦で目標に向かって励まし合い、またクラブのトレーナーが初フルマラソン挑戦に不安な私達家族を懇切丁寧に応援して頂けたことです。

 

Q.4 ホノルルマラソン完走後の感想は?

初めてのフルマラソンは予想通り大変でした。脚や腰や肩が痛くなったりと苦しい時もありました。夫婦で励まし合い助け合い、また予想を遥かに超える現地の人々の声援と、セントラルスタッフの割れんばかりの大きな声の応援があったからこそ、ゴール出来ました。改めて、人と人との繋がりの大切さに感動しました。

 

Q.5これからフルマラソンを目指す人へ一言

昨今、コンピュータの進化によって、とても便利な世の中になっている一方で、人と人との関係が希薄になっている気がします。ホノルルマラソンには、目標を達成してほしいと我が事のように応援してくれるハワイの方々、セントラルスタッフの方々の熱意と誠意があります。たくさんのパワーを頂けたことは家族の宝物です。

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

トーアセントラルフィットネスクラブ阿佐谷店

お名前:鈴木 義長様

お名前:鈴木 文枝様

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

昨年11月に茨城の実家に二人で永住することになり、永住記念及び今後の新しい地での人生のスタートの年として思い出に残したかったからです。

結果的に二人で本当に楽しい思い出を作ることができました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

私は昨年4月から実家にて田舎生活をしていましたので毎日約10Kmのジョギング・ウォーキングを続けていました。家内は阿佐谷のセントラルスポーツでいろいろなトレーニングを続けていました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

マラソン参加への明確な目的と目標があったからです。

目的はQ1で述べた通りです。

目標は二人共に完走(完歩)でした。

 

Q.4 ホノルルマラソン完走後の感想は?

参加して終了して達成感・充実感が実感でき、今後の二人の新しい人生への自信になりました。

 

Q.5これからフルマラソンを目指す人へ一言

自分なりの明確な目的と目標を確立することが大切だと思います。

 

 

 

大会前日に行われたカラカウアメリーマイル(1.6km)にも参加!

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

セントラルウェルネスクラブ我孫子

お名前: 村上 栄作様

お名前:村上 葉子様

 

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

結婚25周年、会社も勤続30年でお休みがもらえ、何か記念になる事をしたかったからです。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

週末セントラルでトレーニング。夫は筋トレ、妻はヨガやピラティスをしていました。

ランニングも週末に手賀沼周辺を、毎週10km、20km走っていました。

ホノルルマラソン1ヶ月前は、手賀沼を2周(約40km)走りました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

ストレス発散です。何も考えない時間が欲しかったので続けられました。

 

Q.4 ホノルルマラソン後の感想は?

走り終えたすぐは、もう2度と走りたくないと思いました。

1ヶ月後には、目標タイムに届かなかったので、またリベンジしたいと思いました。

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

走る事は何歳からでも出来ますし、走り終えた達成感はすごいです。

半年ぐらいかけて計画的にトレーニングする事も大切です。

目標を持ってチャレンジしましょう!!

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

~素敵な70代編~

 

 

セントラルウェルネスクラブ成城店

お名前:桜岡 民枝様

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

70歳になった記念にそれまでの10キロからおもいきってフルマラソンにしました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

5年前より、筋力トレーニング、加圧トレーニングを続け、3年前より他のトレーナーで骨格のバランスを整え、月に100キロ走る目標で行いました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

トレーナーの励ましです!

 

Q.4 ホノルルマラソン完走後の感想は?

人生最高の思い出になりました。

 

Q.5これからフルマラソンを目指す人へ一言

トレーナーについてコツコツレッスンすれば誰にでも出来ます!

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

セントラルウェルネスクラブ越谷

お名前:宇田 綾子様

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

運動らしいことをしたことのない私。出先で震災にあってしまったらどれだけの距離、時間で家に帰れるか?と考えました。そんなときに2012年ホノルル10KMウォークに参加しようと思ったのがきっかけでした。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

ジムの方々と週1で練習しました。

私自身は歩行組で参加致しました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

フルマラソンの参加者に「遅くてもよいので心配しないで!」の一言に後押しされて2013年にフルマラソンにも初参加!周りの応援があって今まで続けられています。

 

Q.4 ホノルルマラソン後の感想は?

「出会いの大切さ」

ウォークを後押してくれた方と出会い、一緒にトレーニングした仲間と出会いゴールを目指し笑い転げ、つらい時も励ましあう仲間が出来たこと。また、多店の出場者との出会いに大切さも実感しました。

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

私のように運動が苦手な人でもチャレンジしてみてください!「目標はあきらめず完走!」

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

~ファミリー編~

 

 

セントラルウェルネスクラブ能見台店

お名前:山岸 美佳様(姉)、白井 文美様(妹)、

お名前:白井 渓太様(長男)、白井 颯人様(次男)、白井 莉子様(長女)

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

妹家族が家族旅行の話をしていたときに思わず「ホノルルマラソンはいかが!」と叫んでしまいました。3年前にジムのマラソン仲間と走ったホノルルマラソン。苦労や楽しさを共有し合える旅は素敵だったと思ったのです。半ば強引に私もくっついて行く旅となりました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

月に一度、能見台の石田インストラクター、あるいは澤木店長にトレーニング方法を教わり、実際走るフォームも見て頂きました。妹をはじめ、マラソンが初めての甥っ子たちも少しずつ距離を伸ばし、大会1カ月前には20km走れるようになりました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

セントラルのスタッフの皆様に励まされつつ1か月毎のトレーニングで目標を聞けて練習してきた事、子供達同士でちょっぴり負けん気が出てきたこと、それと大会で気持ちよくフィニッシュしてその後ホノルルで思い切り遊びたいと思っていた事が続けられた理由です。

 

Q.4 ホノルルマラソン完走後の感想は?

やっぱり楽しい!(山岸 美佳様)

最初で最後だと思ってたマラソンにまんまとはまりました。(白井 文美様)

サブフォーやったぜ!(白井 渓太様)

花火、イルミネーション、ハイウェイのシャワー、虹、青い海、最高です!(白井 颯人様)

今度は一人で走りたい!(白井 莉子様)

 

Q.5これからフルマラソンを目指す人へ一言

きっと違う世界が見えます!

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

~ビジネスマン編~

 

 

 

セントラルフィットネスクラブ西台

お名前:白水 貴様

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

元々ダイエット目的でフットサルを数年行っておりました。

毎週、多い時には週3回程度フットサルを行っておりましたが数年たてども体型に大きな変化が見られず、友人がフルマラソンで凄い成績を出している事を知って負けられないと思いチャレンジしてみようと思いました。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

定期的にはフットサルを行っておりましたが、エントリーを決めたのが開催3ヶ月前でした。そこから毎週10km走りたかったのですが、仕事の都合もあり2週間に1度の程度で5〜10km走る程度でした。完走出来るか急に危機感を覚えて最後の3週間で食事制限・禁酒、週2回ランニング、1週間前に30kmを走って本番に備えました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

マラソンを行っている友人がいるのでその友人に追いつきたいという気持ちが大きかったと思います。

友人は学生時代より継続的に運動を続けており、フルマラソンも最高3時間前半代で走るので、現在は難しいですが数年かけて少しでもタイムの差を縮めたい気持ちがあったので続けられたと思っております。

 

Q.4 ホノルルマラソン完走後の感想は?

今回のホノルルが初フルマラソンで、事前のトレーニングも充分ではなかったので走る前は不安で一杯でした。

今回、田村インストラクターに同行してチームとして走りましたが、チームのおかげで無事に完走する事ができました。走っている最中に辛さで歩いてしまいたい衝動に何度か かられましたが、一人では諦めて歩いたかもしれませんが、チームで走る事によって励まして頂き、私も周りの方々を励ましたりと同じ目標に向かって頑張ろうという気持ちが湧いて無事に立ち止まる事なく完走できました。

完走できた事によって色々な方にご協力頂いた事への恩返しも出来、良い報告ができました。

個人的には目標の5時間を切れて当初は満足しておりましたが、時間が経つと共に体力的にまだ余裕があった事を感じて段々と悔しさが出てきました。猛烈にリベンジしたいという気持ちに駆られて別の大会へも参加する事にしました。

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

マラソンは自分の行いが正直に結果として現れる競技だと思いました。

42.195kmと聞くと難しい・大変というイメージが先行しがちですが、小さな目標を一つずつ達成する事に大きな目標を達成できるというイメージができ、何か大きな事を成す際の成功イメージが掴めるのではないかと感じました。

私自身、応募したにも関わらず直前まで満足な練習ができず走りきれるかなと不安ではありましたが、トレーニングにて5km、10km、ハーフ、30kmと走るうちに段々と走れる自信が付いてきて、最後に目標タイム以内で完走する事ができました。

何かを打破したい方にはお物凄い達成感のある競技だと感じました。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

~女子旅編~

 

 

セントラルフィットネスクラブ天王洲

お名前: 花井 遥様

 

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

行こうかなと思ったきっかけは友達の誘いでしたが、最終的に決めたのはホノルルマラソンが開催される12月に新卒から働いていた会社を辞めることを決めていて、ターニングポイントだったので、何かをやり遂げたかったという想いがあったから。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

ジムでの筋トレとランニングマシーンでの練習をしていましたが、多忙とともに徐々に続けることが困難になってしまいました。屋外でのランニングトレーニングは数回しかできず・・・最後は気力勝負でした。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

トレーニングは続けられてはいないが、自分を変えたい!今までよりも一歩進みたい!そんな気持ちを胸に秘めていたので頑張れました。

 

Q.4 ホノルルマラソン後の感想は?

去年は自分には何もなくて、これからも何も変わらないと自分を塞ぎこんでいた時期だった為に、今回参加して自分の限界や新たな一面に気付くことができました。色んな人に助けてもらって、声をかけてもらって完走できたことを感謝しています。本当に応援が力になるってこのことだなと思いました。

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

練習を積んでしっかりと準備して挑むのはすごく大切なことだと思うけど、準備が十分にできなくてもどこまでやれるかに賭けてとりあえず参加するのもありだと思います。忙しくても大丈夫です。スタッフ、仲間の支えはかなり大きくて、最高に頑張れます!感動できます!

 

 

 

 

 

 

 

セントラルフィットネスクラブ天王洲

お名前: 堀上 春奈様

 

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

友達に誘われたのがきっかけです。話が盛り上がって勢いで申込みました!(笑)

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

トレーニングらしいトレーニングはあまりしていないのですが・・・早朝ランニングや、仕事が終わってから15分筋トレ→40分ランニングマシンを時間のある時に行っていました。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

行くからには絶対に完走したい想いがあり、続けられました。

 

Q.4 ホノルルマラソン後の感想は?

ゴールした時は想像以上に達成感があり、感動しました。

「意外とできるんだ」と自己評価もあがりました。途中から7時間チームに合流したのですが、35キロ付近でついていけなくなり、そこから自分のペースで歩いたり、走ったり・・・前の方に7時間チームが見えた時は嬉しくて全速力で走り、追い付きました。チームみんなで手を繋いでゴールした時は本当に感動しました。

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

完走できた時は想像以上の感動がありました。完走するまでは「皆感動するって言うけど私はそんなに感動しないだろうなぁ~」とか思っていましたが(笑)、本当に感動しました!この感動を皆さんにも味わって欲しいです。応援しています!

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

セントラルフィットネスクラブ南青山

お名前:島崎 麻祐子様

 

 

 

 

 

 

Q.1 チャレンジするきっかけは?

フルマラソンを一度走ってみたかったので。

 

Q.2 どのようなトレーニングを行いましたか?

週一回セントラルでトレーナーのご指導のもとトレーニング。

週一回ジムで自分で筋トレ。

週一回外苑周辺をランニング。

 

Q.3 続けられた理由はなんですか?

トレーナーのきめ細やかな指導。

周囲の応援とサポート。

絶対に完走したいという気持ち。

 

Q.4 ホノルルマラソン後の感想は?

トレーニングを継続していくことによって日に日に体調が整い、とても楽しく42.195km走ることができました。

チャレンジしてみて本当に良かったです!

 

Q.5 これからフルマラソンを目指す人へ一言

42.195kmと聞くと果てしない距離に感じられますが、いざ走り出すとあっという間です。

準備期間も含めて楽しんでチャレンジしてください!