マリンスポーツ

スクーバダイビング
レポート 2020年11月8日西表島サポートツアー終了報告!

皆さん、こんにちは。DACSダイビングインストラクターの早川です。

 

今回、11月8日(日)~12日(木)4泊5日にて、沖縄県八重山郡竹富町に属する八重山列島の島、『西表島』へ行ってまいりました。総参加者数は20名。3チームで、新型コロナウィルス感染拡大予防に十分に留意し、旅の行程を楽しみました。

 

西表島は八重山列島で最大の面積を持ち、沖縄県内では本島に次いで2番目の広さを持つ離島です。島の面積の内、90%は亜熱帯の自然林で覆われており、特別天然記念物のイリオモテヤマネコが生息することで有名です。この他にも、カンムリワシ、セマルハコガメ、キシノウエトカゲ、サキシマハブなど天然記念物のオンパレードで、珍しい動物の宝庫でもあります。今回は、東北、関東、関西から石垣島で合流し、ほぼ1日かけての移動で、夕方西表島に上陸しました。皆様お疲れ様でした。

 

 

3日間のダイビングを通して、強風で波が高く、外海には出られませんでした(全てアタクシの…、日頃の…)。でも、西表島らしい碧く澄んだ海と、サンゴ礁と白い砂に、グルクンやアカネハナゴイなど沖縄の定番生物から、チンアナゴや色とりどり(コゲ茶、白、迷彩柄など)のハダカハオコゼ等珍種機種が迎えてくれ、参加者の皆様全員揃って9ダイブ、素晴らしい西表島の海を満喫することができました。

 

 

また、通算500ダイブ1名様、300ダイブ2名様、100ダイブ1名様の記念ダイブと2名様の誕生日を、withコロナでこじんまり、ささやかにでしたが、参加者全員でお祝いさせて頂きました。皆々様、誠におめでとうございました!

 

 

最終日は、解散の時間まで南ぬ島石垣空港と那覇空港で、GOTOトラベル地域クーポン券を駆使してお買い物を楽しんで頂きました。

 

コロナ対策を講じながらでしたが、今回ご参加いただいた20名のダイバーの皆様、そして、全国のセントラル・ザバススポーツダイバーの皆様に支えられていることをつくづく痛感した次第です。これからも皆様への感謝の意を形に変えて、『皆様に楽しんでいただけるツアー』の企画と運営を目指します。

 

今後ともダイビングツアー・イベントへのご参加をお待ちしております。

 

今回の引率スタッフは、早川・森山・栗原でした!