スポーツツアー&イベント SPORTS TOUR & EVENT

【2月18日~20日 沖縄 久高島女子合宿】その2

第一回  沖縄 久高島女子合宿  その2

 

沖縄県南城市に戻り、長生薬草というハーブ園を経営している

お店で野菜いっぱいのヘルシーランチ。珍しい野菜をしゃぶ

しゃぶのように湯通したり、ウコン入りのカレーをいただいた

りと、幸せいっぱいお腹いっぱいになりました。

43無題

そして、今日はユインチホテル南城に宿泊です。猿人の湯という

お風呂が自慢の高台にあるホテルで、ゆったり過ごしました。

夜は南城市ナイトツーリズムで、民家の夕食にご招待されました。

大きなお家、玄関で家族総出でお出迎えです。

44無題

まずは沖縄料理体験。漁師のおうちなので、釣り上げた魚を

焼いたり、お刺身にしたり。皆さん、エプロン姿が似合います。

45無題

たくさんのお料理を前に、みんなで乾杯!

どれもこれも美味しそう!

47無題

この後は、三線と太鼓の音を頼りに、歌と踊りで皆で盛り上がりました!さすが沖縄!

音楽が流れればみんな踊り出す!

51無題

小さなお子さんも太鼓を持ち、おじいさんの三線に合わせ、

自然と身体を動かし始めます。可愛いすぎます!

00無題

放っておくと宴会は朝まで続くそうです。名残惜しいですが、

今回はこれでお開き。ご家族の愛に包まれ、実家に帰ったかの

ような暖かさを感じました。たくさんの家族、心のこもった

お料理はこんなに人を幸せにするのですね。

k無題

 そして、南城市から眺める日の出&ヨガ

a無題 b無題 c無題

 d無題

  だんだんと夜があけてきました。

e無題

一人ではゆらゆらのポーズが、全員ピタッと一つにつながった

瞬間。心がひとつになった、この出逢いに感謝。

61無題

ヨガが終わった後の、みなさんの優しい笑顔が忘れられません!

g無題

アウトドアのヨガレッスンは、感動100倍です!

ニライ橋カナイ橋ウォーキング。海の彼方に、ご先祖様や

お世話になった方々を思います。

h無題

ぷるぷるの心とともに、沖縄最高の聖地、斎場御嶽へ!

i無題

何かが写ってしまう梶原インストラクターの写真・・・・。

j無題

ガイドさんの説明がとてもわかりやすく、充実していました。

f無題

沖縄は今年雨が少ないということで、みんなで雨乞いをしたら、

この後、本当に雨が降ってきました。みんなのパワーがMAXに

なった瞬間。

69無題

遠くに見えるのは、昨日まで滞在していた久高島。琉球王朝の

皆様もここから久高島を眺め、五穀豊穣、国の安泰、健康を

お祈りをしていたのかと思うと、同じ歴史の中の『今』を生きて

いるのだなあと、深い感慨を覚えました。第一回久高島女子合宿。

旧暦新年の幕開けにふさわしく、希望に満ちた旅でした。沖縄の

自然に抱かれ、たくさんの気づき、感謝の気持ちを身体いっぱいに

感じ、かけがえのない時を過ごすことができました。

2017年を健康で過ごせますように。

ご参加いただきました久高島シスターの皆様、

ありがとうございました。 心よりお礼を申し上げます。

【参加された方の感想】

どのプログラムが一番よかったですか?

第一位  朝の散歩&ヨガ

久高島の朝の散歩が一番よかった。久高島のパワーを浴びながらのビーチでも太陽礼拝が気持ちよかった。美しい朝日を拝められたのがよかった。

観光や地域交流も素晴らしかったのですが、朝ヨガは気持ちよく、かけがえのない時間でした。

月と星が見える空が少しずつ明るくなる中、体中が小さな動きから徐々に目を覚まし、最後全員が輪になってつながり、一人きりではユラユラのポーズが全員でピタッと止まった瞬間。最高の一体感を味わうことができました。『女子合宿』にこのために来たと思えました!

素晴らしい環境の中、素敵なインストラクターのヨガが受けられ、朝日を拝むことができた。

普段の旅行では朝日を見に行くことは考えもよらないことでした。膝が悪いので、ヨガは無理かなと思っていましたが、完璧ではありませんが、参加できたことに感謝です。

第二位  久高島観光

神々が降り立ったイシキ浜でのヨガ。朝日を浴びた時の感激、忘れることができません。神秘的な朝でした。

今までで一番楽しい旅行でした。

ガイドさんの説明があり、有意義だった。

別世界だった。

第三位  民家の夕食体験・芸能体験

お料理が素晴らしかった。

家族の交流とお料理に感激した。

普通ではできない経験ができて感謝の気持ちでいっぱいです!

*********************************************************************

アンケートのご回答ありがとうございました。

これからも皆様に喜ばれるツアーを企画して参ります。

あの朝日の輝きを胸に、毎日を楽しくいきいきと過ごしましょう!